トップページ温泉

三条の湯温泉について

三条の湯の源泉は、小屋より200mほど上流にある岩の割れ目から自噴しています。

源泉の温度は約10℃と低いので、主に水力発電と小屋の周辺の風倒木などを薪にして沸かしています。

泉質は、約PH10の単純硫黄冷鉱泉で、弱い硫黄の匂いと、入浴時の肌のツルツル感が好評です。

また、温泉成分からできた湯の花が浴槽内に浮遊していることがあります。

成分分析

温泉分析書温泉分析書別表

源泉の様子

小屋から200メートルほど上流の岩盤の割れ目から
水温10℃の温泉が毎分5リットル自噴しています。